第2回東近江創生研究会 地域を引っ張る力に

■平成29年5月19日(金) 第17811号

=市議選へ具体的な活動へ=

◇東近江
 東近江創生研究会(会長・青山孝司氏)は11日、「具体的な活動に向けて」と題して第2回研究会を開催した。
 青山孝司会長が「地域を引っ張る力となり、一生懸命頑張りましょう」と挨拶。呼びかけ人を代表して東近江未来会議「立志舎」の入栄猛世話人代表が「研究会の行動に期待が大きく、対外的に注目を浴びている。今やらなければならない」と状況分析を報告した。
 出席した7人(1人欠席)は、それぞれの思いを語り合い、秋の東近江市議選に数人の出馬検討に「現状は難しい」の声も出た。
 特に中心的存在である蔭山啓介氏は、「今回は勇気を持って立ち上がった仲間達をしっかりと応援する立場に回って、支援したい」と力強い声援を送った。
 今後は新たな仲間を加えて、6月上旬には現職市議との意見調整を行う予定。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース