日本科学者会議 豊洲問題の講演

■平成29年5月19日(金) 第17811号

=20日=

◇大津
 日本科学者会議(JSA)滋賀支部は20日午後3時から、講演学習会「築地市場の豊洲移転問題」を明日都浜大津5階ふれあいプラザ中会議室(京阪浜大津駅徒歩3分)で開く。
 講演では、豊洲移転問題に詳しい元大阪市立大学大学院教授の畑明郎氏(元日本環境学会会長)が、問題の経緯や跡地の土壌汚染、対策の問題点と展望について分かりやすく解説する。
 豊洲市場からは多くの有害物質が検出され、日本を代表する食品市場として安全性が危惧されている。畑氏によると、市場建設時に出たヒ素や鉛を含む汚染土壌が、大津市内の処理施設に運ばれ、「決して他人ごとではない」という。
 無料。申し込み不要。問い合わせは日本科学者会議滋賀支部の事務局長、小島彬氏(TEL077―589―3724)へ


関連記事

powered by weblio




同日のニュース