湖東スタジアム3連勝!!滋賀ユナイテッドBC

■平成29年5月17日(水) 第17809号

=東部3連戦は2勝1中止 2試合連続2桁安打2桁得点=

見事な連続攻撃を見せた滋賀ナイン――湖東スタジアムで――

◇東近江
 プロ野球独立リーグ「ルートインBCリーグ」の地元チーム滋賀ユナイテッドBCは14日、ホームの湖東スタジアム(東近江市池庄町)で武蔵ヒートベアーズと戦い、16対4で大勝した。これで、湖東スタジアムでのホームゲーム3連勝だ。14日現在のチーム成績はこれで7勝9敗1分で、首位の富山GRNサンダーバーズにゲーム差3・5と食らいついている。ホームゲームの勝利数も5(守山市民2、湖東3)と伸ばした。
 滋賀は1回に四球、盗塁、2本の内野ゴロで無安打で先制すると、その後もチャンスを着実に生かして得点を重ね、6回には無死のまま打者1巡というビッグイニングで一挙8点を取るなど、終わってみれば本塁打なしの17安打で16点と、358人の観客を沸せた。
 3勝目をあげた先発の西村憲投手(元阪神タイガース)は「攻撃が心強く、楽に投げられた。きょうは母の日なので来場のお母さんありがとう。次の試合もがんばります」と攻撃陣をたたえると、4打点3安打と活躍した攻撃的2番打者の杉本拓哉選手(玉川高校出身)は「1番の泉祐介選手(綾羽高校出身 打率4割2分3厘で首位打者 盗塁12個で3位)がよく塁に出てくれるので、次ぎの塁に進められるバッティングを心がけています。一つひとつ勝てるようがんばりますので、応援をよろしくお願いします」と観客の声援にこたえた。
 湖東スタジアムでは7日の石川ミリオンスターズに9回サヨナラ8対7で初勝利を飾ると、12日の栃木ゴールデンブレーブスに16安打で14対2、雨のため中止の13日群馬ダイヤモンドペガサス戦をはさんで、14日の武蔵戦と3試合連続勝利。打撃陣だけでなく、投手陣も先発、中継ぎ、抑えがしっかりと仕事をして、チームのムードも絶好調に。
 このあと19日からのアウェー戦2試合(福井、信濃)のあと、読売ジャイアンツ3軍と交流2試合(ジャイアンツ球場)を戦い、次回ホームゲームは25日守山市民(午後1時 信濃戦)、26日湖東スタジアム(午後5時半 福井戦)、27日甲賀(午後1時 福井戦)、28日甲賀(午後1時 信濃戦)、31日湖東スタジアム(午後5時半 石川戦)となっている。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース