市民が主役の記録映画「結い魂」

■平成29年5月16日(火) 第17808号

=DVD版発売=

映画「結い魂」DVD版の販売チラシ

◇近江八幡
 近江八幡市内の高齢者が主役になったドキュメンタリー映画「結い魂(ゆいごん)」のDVD版が作成された。
 映画「ゆきゆきて、神軍」などで知られる原一男監督がメガフォンを持った作品で、公募で集まった10人余りの出演者が、近江八幡を舞台に「ひとつだけ、みんなに言い遺しておきたいことがある」の熱い思いを胸に熱演した。
 完成までに3年半を要し、2011年に完成。市民上映会では大勢の市民が詰めかけ反響を呼んだ。全6話が盛り込まれたオムニバス作品で、それぞれのストーリーに人生最後の願いを叶える、笑いと感動あふれる内容に仕上がっている。
 DVD版は200枚、ブルーレイ版は100枚作成。販売価格はいずれも税込3千円(トールケース入り)で解説小冊子付。郵送での申込みは、送料1枚180円。白雲館内の中間支援センターで販売している。
 販売と問い合わせは、YUI―GONプロジェクト事務局(TEL080―9603―5680)へ。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース