「どきっとした。」アール・ブリュットPR

■平成29年3月8日(水) 第17749号

=10代の感性に届け=

◇県
 県はこのほど、アール・ブリュットをPRするチラシを六万部作成した。今年は10代の若者をターゲットに、キャッチコピーは「どきっとした。」。
 軽やかなピンクで統一し、セーラー服の女子生徒が授業中、ほおづえをついて、もの思いにふけるショット。「どきっとした。」に続き、「気がつけば見つめてた。うまく言えないけど、胸の奥が震えてた。」「“わたし生きてる”って確認したっていうか なんか、不思議な感じ。」。
 さらに「明日こそ言えるかな。『わたしと一緒に、アール・ブリュット見に行かない?』」と、思いを募らせる。
 県文化振興課は「昨年は親子を意識したが、今年は若者のみずみずしい感性にあうチラシづくりを心がけた」とし、県内の高校、公共施設、美術館、スーパー、コンビニエンスストアで配布する。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース