サンタからのプレゼント 五個荘中央公園

■平成28年12月27日(火) 第17690号

=大型複合遊具やターザンロープ 子どもに優しく、安全面強化=

ターザンロープを楽しむ園児たち

◇東近江
 東近江市小幡町にある五個荘中央公園に新しい遊具が設置された。二十一日のオープニングイベントには、地元園児約五十人が招待され、駆けつけたサンタクロースといっしょに遊具を楽しんだ。
 市が進めている公園施設長寿命化対策支援事業の一環として、老朽化が心配される市内公園に設置された木造遊具の取り替えが昨年から行われている。これまでに布施公園(東近江市布施町)の遊具と同公園の一部が一新された。
 今回設置されたのは、園児や小学校低学年の子どもたちを対象にした滑り台やアスレチックが楽しめる大型複合遊具とターザンロープ、砂場。これまでの木造から合成樹脂やクッションマットが多く使用され、子どもたちに優しい作りになっている。
 また、子ども同士の接触事故が起こらないように、遊具周りに安全領域の柵が設けられたほか、外からの見通しも良くなり、事故防止への安全性が強化されている。
 園児たちは、「順番を守ろう」「友達を押したりしないで」「ゆっくり遊ぼう」のサンタクロースの呼びかけに大きな声で返事をして、様々なアトラクションが施された遊具を元気いっぱい楽しんだ。
 公園には、二・三歳対象の遊具も設置されており、都市計画課担当者は「兄弟や姉妹など、幅広い年代の子どもたちに楽しんでもらえます」と、利用を呼びかけている。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース