大津祭写真コンクール 推薦に草津市の二宮紀彦さん

■平成28年12月25日(日) 第17689号

=特選は東近江市の北村隆彦さんら=

推薦に選ばれた草津市の二宮紀彦さん「賑わいのある街」

◇大津
 平成二十八年度大津祭写真コンクール(びわ湖大津観光協会と全日本写真連盟県本部の主催)の審査会が開かれ、応募作品二百十九点の中から、推薦一点、特選三点、準特選三点、入選三十点の計三十七点を選んだ。
 推薦に輝いたのは、草津市の二宮紀彦さんの「賑わいのある街」。審査委員会での講評では「同じ位置から巡行を捉え、三枚に非常に上手くまとめている。今年出た御神輿を作品の真ん中にして強調し、人ごみを巧く画面に取り入れ、祭りの盛り上がり賑わいがすべて画面にあり、素晴らしい作品」としている。


特選の東近江市の北村隆彦さん「ぼくの祭囃子」

 また、特選のひとつ、東近江市の北村隆彦さんの「ぼくの祭囃子」は「写真の上部と下部、それぞれに祭りの話があり、一枚に凝縮している。上部は提灯もあり祭りを盛り上げ、下部のシルエットの形が祭りのざわめきを感じさせ、絵作りが非常に上手」と講評している。
 このほか、特選は三上善治さん(野洲市)「宵に誘われ」、園田みちゑさん(守山市)「秋まつり」、準特選は上田薫さん(大津市)「宵宮風情」、長谷川悟さん(栗東市)「どなたの手に」、中村友美さん(同)「祭の華」となっている。
 作品の展示会は来年一月十五日まで、大津祭曳山展示館(大津市)で開かれている。時間は午前十時から午後六時まで。月曜休館。二十九日から来年一月三日までは休館。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース