最優秀賞に上地さんの作品

■平成28年12月20日(火) 第17684号

=防犯ポスターコンクール=

◇近江八幡
 安全なまちづくりを目指す近江八幡署管内事業所連絡協議会と同署は十六日、防犯ポスターコンクールで最優秀、優秀に選ばれた入賞者を表彰した。
 同協議会では、平成二十八年度全国地域安全運動の標語「子供・女性の犯罪被害防止」、「特殊詐欺防止」、「暴力団離脱者就労支援」をテーマに、会員事業所や企業から防犯ポスター作品を募集。寄せられた二十五点について先月三十日の歳末警戒出動式の出席者や署関係者らが投票審査を行い、入賞者が選ばれた。
 その結果、最優秀賞にダイハツ工業滋賀(竜王)工場の上地一範さん(45)、優秀賞には同工場の山口彰毅さん(32)と滋賀八幡病院・医療社会事業課の作品がそれぞれ選ばれた。
 上地さんと山口さんの作品は、狙われやすい暗い夜道や「ながらスマホ」に注意を喚起する図柄で、上地さんの作品は筆画、山口さんはデジタルアート。二人とも暗い夜道を通る不安感をどのように表現するのか、悩んだという。
 また、職場の仲間七人が協力して制作した滋賀八幡病院の作品は、犯罪のない明るい地域社会の実現を明るい色調で描き、星やハートのラメシールを貼り付けた。
 応募作品は近江八幡駅南口前のアクア21セントラルホールで来年一月中旬まで展示している。


最優秀賞に選ばれた上地さんの作品
優秀賞に選ばれた山口さんの作品
優秀賞に選ばれた滋賀八幡病院の作品

関連記事

powered by weblio




同日のニュース