楽しいクリスマスを 市内4施設に大型ツリー寄贈

■平成28年12月10日(土) 第17676号

=びわ湖八幡ロータリークラブ=

障がい者支援事業所「いきいき」で行われた贈呈式

◇近江八幡
 びわ湖八幡ロータリークラブはこのほど、近づくクリスマスを楽しんでもらおうと近江八幡市内の福祉施設など四か所(いきいき、ひかりの子、つどいの広場「ほんわかの家」、少年センター「マナビィ」)に大型のクリスマスツリーを贈呈した。
 同クラブでは、昨年まで近江八幡駅北口に大がかりなクリスマスイルミネーションを設置し、駅利用者に癒しや年末年始の駅前を明るく照らし出していたが、今年は工事の関係で設置出来なくなったため、ツリーを贈ることにした。
 六日午後一時半から同市加茂町の障がい者支援事業所「いきいき」で贈呈式が行われ、土生喜章会長から施設利用者(三十四人)の代表に届けられた。
 ツリーは高さ二・七メートルで伸びた枝先にサンタクロースや色とりどりのカラーボールなどが飾り付けられ、施設内のクリスマスムードを盛り上げている。
 園ではクリスマス会で利用者にお披露目し、楽しいクリスマスの装飾として活用することにしている。
 土生会長は「クラブでは今年度の活動テーマに『結』を掲げており、地元の施設や市民とロータリークラブが結ばれるようにと企画しました。未来を担う子どもたちに楽しい思い出ができるよう願っています。さらに飾り物を増やしてもらい、長年にわたって使ってもらえたらうれしい」と話している。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース