来年1月から石山寺で観光キャンペーン

■平成28年12月8日(木) 第17674号

=特別公開、書写体験、ガイドツアーなど=

「ちょこっと関西歴史たび」のパンフレット

◇大津
 JR西日本は来年一月七日から、大津市とびわ湖大津観光協会と連携して、期間限定の特別公開、特別講座などの企画を紹介する「ちょこっと関西歴史たび」キャンペーンを、源氏物語の作者で知られる紫式部ゆかりの石山寺(大津市)で実施する。
 石山寺は、紫式部が「源氏物語」の着想を得たと伝わる古刹で、西国三十三所観音霊場の第十三番札所として知られている。キャンペーン期間中は、紫式部像の三筆同時特別公開、模擬十二単着装体験、座主の話、源氏物語の書写体験、昼食をセットした源氏学院プログラム、境内ガイドツアーなど。
 なお、キャンペーン期間中の特別企画は次の通り。
 ▽紫式部像 三筆同時特別公開=一月七日〜三月三十一日。最古の紫式部聖像(一四世紀末〜一五世紀初め)、伝狩野孝信筆(桃山時代)と土佐光起筆(江戸時代)の紫式部図を公開する。三百円。
 ▽模擬十二単着装体験=一月七日〜三月三十一日。模擬十二単を着装して記念撮影。体験料五百円。
 ▽源氏学院プログラム=一月二十一日、二月十一日、三月四日。石山座主による話と源氏物語の世界を感じる体験(香遊び、源氏物語書写、ひな作り)、食事をセットにした特別企画。三千五百円(入山料、弁当付き)。予約は石山観光協会(TEL077―537―1105)。
 ▽石山寺一周ガイドツアー=一月七日〜三月二十六日の土・日・祝日。現地ガイドの解説で境内や周辺をめぐる。コースは、(1)境内コース(午前十一時〜午後零時半、午後一時半〜同三時。)(2)JR石山寺出発ロングコース(午前十時〜午後零時半)。千円(入山料、密蔵院拝観料、ガイド料込)。予約は石山観光協会(TEL077―537―1105)。
 ▽駅長おすすめ駅プラン「石山寺門前で近江の恵みを味わう」=一月七日〜三月三十一日。京阪神の主な駅から石山への日帰り旅行。で、往復のJRきっぷと昼食(新月、洗心寮)がセットになっている。二人以上で三日前までにJR西日本の専用ダイヤル(TEL0088―24―1515)へ申し込むこと。


関連記事

powered by weblio




同日のニュース